基礎情報

婚約指輪はどの指につけるべき!?左右で異なる意味


どの指につけるべき!?婚約指輪の由来から解説

婚約指輪はエンゲージリング、エンゲージメントリングとも呼ばれており、婚約が成立した証として男性から女性へ贈られるリングのことを言います。

婚約指輪は女性にとって「男性が結婚の意思を表すプレゼント」という特別な存在であり、今では多くの男性がプロポーズの際に女性に婚約指輪を渡しています。

では婚約指輪はどこにつけるのが正解なのでしょうか?

日本では婚約指輪をつける場所は結婚指輪と同じように「左手薬ゆび」が一般的ですが、実は婚約指輪をつける場所に明確な決まりはないのです。

例えば北欧やドイツ、オーストラリアなどの国では婚約指輪をつけるのは右手薬ゆびになりますし、インドや東南アジアでは足の場合も。

さらに婚約指輪をつけるのは右手薬ゆびであり、結婚指輪をつけるのは左手薬ゆびであるという説もあれば、結婚式が終わったら、左手薬ゆびから中ゆびにつける位置を移動させるといった説もあります。

正解はありませんので、2人だけのルールで決めてもよいかもしれません。
ファッション感覚で変えていくという方もいるかもしれませんね。

ただサイズの問題があるので、日によって婚約指輪のつける場所を変えるのは少し無理があるかもしれません。
購入する前にどこにつけるのかを決めてから購入するようにしましょう。

しかし、婚約指輪の起源から考えると、つける場所は「左手の薬ゆび」が無難でしょう。

婚約指輪の起源は紀元前2500年頃の古代ギリシャ時代にまでさかのぼります。

結婚という儀式の時にリングを贈るという風習は古代ギリシャ時代以降であり、途切れることない「輪」であるリングというのは、「永遠の象徴」として大切にされてきました。
そこで結婚を約束する証として婚約指輪を、それぞれ男女で交換するようになったと言われています。

当時、心臓は人間の感情をつかさどる場所として考えられていて、左手薬ゆびは心臓と1本の太い血管でつながった特別な部位と信じられていたのです。

そこで、婚約指輪をカップルが互いに薬ゆびにすれば、お互いの心と心をつなぐことになると考えられました。
婚約指輪のルーツや意味を考えると、左手薬ゆびが妥当なのかもしれませんね。

婚約指輪ははめる指によって意味が異なる

日本では婚約指輪をはめるのは左手薬指が一般的ですが明確な決まりはないため、はめる場所に迷ってしまう方もいるかもしれません。

ただ、覚えておきたいのは婚約指輪をはめる場所によって、意味が異なってくるということです。

ここでは婚約指輪をはめる位置によって、それぞれどのような意味の違いがあるのか?について考えてみましょう。


≪左手親ゆび≫
サムリングと呼ばれており、自分の信念を貫いて現実を切り開くという意味があります。

≪左手人差しゆび≫
インデックスリングと呼ばれており、集中力と積極性を高め、行動力を生み出すという意味があります。

≪左手中ゆび≫
ミドルフィンガーリングと呼ばれており、空気を読む力や協調性を高めて判断力を高めるという意味があります。

≪左手薬ゆび≫
アニバーサリーリングと呼ばれており、愛を深める、心を受け入れる、絆を深めるという意味があります。
婚約指輪をはめる場所としておすすめです。

≪左手小ゆび≫
ピンキーリングと呼ばれており、チャンスを呼び込み、願いを叶えて、恋を引き寄せるという意味があります。

それぞれはめる場所によって異なる意味を持つことが分かりましたね。
この意味を見てみても、左手薬ゆびはエンゲージリングをはめる場所としてぴったりの意味を持っていることが分かりますね。

婚約指輪を左手薬ゆびにはめるようにすれば、年月が経つごとに2人の絆はより一層深まっていくでしょう。

ただし、結婚式の時には、婚約指輪をはめるのは「右手薬ゆび」に移動しておかなければなりません。
結婚式では、左手の薬ゆびは結婚指輪のリング交換のためにはめる指としてあけておかなければならないのです。

結婚式で結婚指輪がはめられた後に、婚約指輪を右手から左手に移して、上から重ねづけするのが正式なつけ方とも言われています。

結婚指輪の上に婚約指輪を重ねづけすることによって、外側側から「永遠の愛の証」として封じ込めることができると考えられています。

結婚、婚約指輪を重ねづけする方は多いですが、おしゃれさだけではなく、ちゃんとした意味があることを覚えておきたいですね。

ただ、結婚指輪は毎日欠かさずはめるものであるという認識が強い一方、婚約指輪はとっておきの時にはめるというイメージを抱いている方も多いでしょう。

特にダイヤモンドをあしらっている婚約指輪の場合、はめる場所によっては生活の上で邪魔になることもあるかもしれません。例えば家事をしている時にも邪魔になりますし、仕事上大きなダイヤのついた婚約指輪ははめにくいという方もいるでしょう。

また、はめることによっては婚約指輪自体に傷がついてしまうこともあるので、特別な時にしか使わないという女性も実は多いです。

例えば結婚式に出席する時や結婚記念日などのデートでドレスアップする時に着けることで華やかさがアップしますね。
この時はめるのは、左手薬ゆびに婚約指輪と結婚指輪を重ねづけする場合もあれば、右手薬ゆびにはめる場合もあるでしょう。

1本ずつでも素敵ですが、同じところにはめることで、重ねづけになります。

重ねづけは印象が変わって見えるので、たまに重ねづけをしてみる!というのもよいかもしれませんね。

婚約指輪と結婚指輪を同じブランドで購入している場合、重ねづけをすることを前提にしてフォルムのデザインがされているものもありますし、セット販売しているものもあります。

様々な組み合わせで美しさ、輝きを楽しむことのできる婚約指輪は一生大切にしていきたい特別なジュエリーですね。


右手と左手でも意味が変わる?

先ほどは左手のそれぞれの意味合いをご紹介しました。

実は左手だけではなく、右手にも、つまり左右それぞれについての意味があることをご存じですか?
さらに左右同じ指であっても、意味は異なってくるので左右10本すべてに意味が存在するのです。

左右違っても意味は同じ…と認識されている方が多いですが、実は左右で意味は違います。
左右10本それぞれに意味があることで、左右どこに着けるかが非常に重要になってきますね。

ここでは右手のそれぞれに込められた意味について解説していきます。
その意味から婚約指輪におすすめの場所についてもまとめていきます。


≪右手親ゆび≫
サムリングと呼ばれており、目標を達成したいと思った時に力を与えてくれるという意味が込められています。

≪右手人差しゆび≫
インデックスリングと呼ばれており、目標を達成したい時に力を与えてくれるという意味が込められています。
右手親指と同じ意味になります。

≪右手中ゆび≫
ミドルフィンガーリングと呼ばれており、直感やインスピレーション、霊感などを高めることができるという意味が込められています。

≪右手薬ゆび≫
アニバーサリーリングと呼ばれており、本来の自分の力を出したい時に、不安を取り除くという意味が込められています。婚約指輪をはめる場所としておすすめです。

≪右手小ゆび≫
ピンキーリングと呼ばれており、自分の魅力や自分らしさを発揮する力を高めるという意味が込められています。

右手にも左手と同じようにそれぞれに左手とは違った意味が込められています。
左右それぞれに意味がありますので、左右の意味を考えながら婚約指輪をつける場所を変えていくのもよいでしょう。

願い事のような感じで、意味に合わせて左右それぞれで婚約指輪着けを楽しみたいですね。


関連記事

  1. 基礎情報

    婚約指輪のお返し!~おすすめ品から渡すタイミングまで徹底解説~

    婚約指輪を愛する彼から貰って、幸せ絶頂のあなたへ。実は婚約指輪…

PAGE TOP