いつ

婚約指輪「いつ」付ける?買う?渡す?についてのご紹介

女性が男性から結婚を申し込まれるときに憧れる婚約指輪。

これから婚約指輪の購入を考えている方で、

「結婚前後いつ婚約指輪をつけるの?」
「婚約指輪はいつ買ったら良いの?」
「婚約指輪はいつ渡したら良いの?」

といった婚約指輪の「いつ?」に関する疑問を持った方のために、
結婚経験のある女性たちの経験談を踏まえ、これらの疑問を解消します。

結婚後でもいつどんな場面で婚約指輪を活躍するのかご紹介しますので、
ぜひ婚約指輪のデザインの検討にお役立て下さい!

婚約指輪はいつ付ける?

婚約指輪とは、男女二人が結婚を誓った証として、男性から女性に贈られるプレゼントです。

結婚指輪は結婚後に毎日身につけるのが基本なのに対して、
婚約指輪は、「婚約期間」に身につけるのが基本です。

「婚約期間」とは、二人が結婚を決めてから挙式当日までの期間を指します。
婚約指輪は、婚約期間はもちろん結婚後でも付けてOKです。

実際に付けるのはいつなのか?
結婚前と結婚後に分けてご紹介します。

結婚前はいつ付ける?

まず、結婚前に婚約指輪をいつ付け始めるかについてですが、
決まりやルールなどはありませんので、いつから付けていただいても結構です。

もらった当日から付けてOKです。

結納の際に婚約記念品として婚約指輪が送られた場合は、結婚前にお披露目するのが良いでしょう。

婚約指輪を付ける頻度としては、結婚前は毎日つけるという方もいらっしゃます。
一方で、結婚前は職場や仕事の都合があったり、自宅で過ごすだけであっても必ず付ける決まりはありません。

職場は、周りが祝福するムードであれば良いですが、
陰口などマイナスなことを言われかねない職場の場合は、職場で婚約指輪を付けるのは避けた方が良いかもしれません。

彼とデートで外出する際などは、なるべく付けることをおすすめします。
彼からしても、せっかく結婚を誓って購入した婚約指輪ですから、女性が婚約指輪を付ける姿を見ると嬉しいのです。

ただし、結納前に婚約指輪をもらい、両家のご両親の元へ結婚報告の挨拶に行く際は、絶対に結婚前のお披露目などと言って婚約指輪を付けてはいけません。

結婚後はいつ付ける?

結婚後は婚約指輪をつけてはいけない、なんてことはありません。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けして、両方付けるデザインも珍しくありません。
指輪を買いに行った際、ショップ店員の方からもそういった提案をしていただくことは多いです。

結婚後も婚約指輪を付けるのは当たり前、ということですね。

では、具体的にどんな場面で付けるのが良いのでしょうか?
アンケート調査に寄せられた女性の声から、結婚後の婚約指輪を付けるシーンについてご紹介します。


①彼とデートで外出するとき
結婚後でも、彼とおしゃれなレストランに食事に行くときやおめかしして出かけるときなどに婚約指輪を付けるという方が多いです。
結婚前の結婚を誓ったときの気持ちを思い出して、デートを楽しめるのではないでしょうか!

②フォーマルなイベントのとき
婚約指輪のようなゴージャスなデザインの場合、公式な行事に付けるという方が多いです。
子供が生まれた後であれば、子供の入園式、卒園式、入学式…と、子供の学校のイベントで正装の必要がある際に婚約指輪は大活躍します。

また、友人の結婚式やパーティーに呼ばれ、ゴージャスな服装をする際に婚約指輪はぴったりです。
結婚した後も、機会を逃さずにたくさん婚約指輪を付けることができるといいですね。

③夫婦円満をアピールするとき
婚約指輪をしているかどうかは、第三者から見て夫婦の円満度合いとして捉えられることがあります。
そのため、結婚後に夫婦円満を第三者に伝えたいシーンで付けるという方もいます。

例えば、夫婦どちらかの実家に帰省するときや、親戚の集まりがあるときが挙げられます。

④付けないで飾っている
婚約指輪は高級品ですし、傷がついたらいやだという気持ちで、婚約指輪を付けることなく大切にしまったり、飾ったりしている方もいます。

せっかくですからたまには婚約指輪を付けてダイヤの輝きを身にまとうのもおすすめです。

一方で、デザインによっては立て爪のものなどは、他のものに引っかかりやすかったり危ないこともあるので、育児をするときや結婚前も結婚後も関係なく洗顔をする際や入浴時には外しましょう。

お披露目の3ヶ月前には選び始めよう

婚約指輪をお探しの方は、買うタイミングに注意が必要です。

「婚約指輪をいつ選んで、買う準備を始めたらいいの?」

そんな疑問をお持ちの方に婚約指輪の購入のスケジュールを紹介します。

プロポーズで彼女に婚約指輪を渡す方、結納の記念品として婚約指輪をプレゼントされる方は、
「お披露目の約3ヶ月前」、「挙式の約10~8ヶ月前」から指輪選びを始めましょう。

既製品とオーダーメイドでかかる時間がかなり違う

婚約指輪を買う方法として、「既製品」で買うと、すでに完成されたデザインの中から気に入ったものや、人気のデザインを選び、当日その場で持ち帰ることができます!

サイズの調整をしたり、内側に刻印をしたり、ダイヤの大きさを調整したり、セミオーダーされる方は、
「約3~4週間」かかると考えておきましょう。

フルオーダーされる方は、一からデザインを考えることができますので、
デザイン決定から「約2~3ヶ月」かかるとし、デザインを考える打ち合わせ期間を含め、婚約指輪を買う準備は「約3ヶ月前」から始めましょう。

婚約指輪を買う際には早めの準備を

プロポーズ後に、二人で婚約指輪を選ばれる方は、二人のスケジュールがなかなか合わなかったり、式場の準備が忙しかったり、なかなか都合が合わないこともあります。

婚約指輪を買う際には、結婚指輪と合わせて早めの準備を心がけましょう。

支払いはいつするの?

「婚約指輪を買う際、いつ支払いをするのか?」
基本的には婚約指輪を注文したタイミングか、注文した婚約指輪が手元に届いたタイミングか、
フルオーダーの店舗によっては、注文時に前金として半額、完成時に残金を支払いする場合もあります。

婚約指輪を買う際にいつ支払いをするのかについては、各店舗で異なりますので、店舗に確認されるのが良いでしょう。

いつ渡す?プロポーズ前?プロポーズ後?

あなたはプロポーズといえばどんなシーンを思い浮かべますか?

キレイな夜景の見渡せる場所で、彼が婚約指輪の入ったケースを「パカッ」と開けてプロポーズ。

女性はそんなドラマのようなプロポーズに憧れるでしょうし、
男性も婚約指輪を一緒に渡すことを前提で一世一代のプロポーズを成功させたいと思っていることでしょう。


しかし、最近では、ほとんどの男性がプロポーズ時に婚約指輪を渡す選択をしません!
プロポーズを経験した男性のうちの約8割は、プロポーズ後に婚約指輪を渡すというのが現状です。

プロポーズ後に婚約指輪を渡す理由としては、「彼女の指輪のサイズや好みがわからないから」「2人で一緒に選びたいから」などが挙げられます。
婚約指輪のような高級なもので失敗を避けたいのは当然ですよね。

プロポーズ後に婚約指輪を渡すという選択…正解です。

もちろん女性によっては、先程述べたようなドラマのワンシーンに憧れる方も多く、
自分の好みにぴったりな婚約指輪を渡されたら、プロポーズをOKする可能性も高まります。

そして同時に彼女に「ぴったりな」婚約指輪をプロポーズ前に選んで渡すことは、非常に難しいです。

実際にプロポーズに婚約指輪を渡す際の失敗談として

・彼からもらった婚約指輪のデザインが気に入らなくてイライラして仕方ない(20代後半 女性)
・一生に一度のものだから自分で選びたかった(30代前半 女性)

などの声があります。

「なにを贅沢な」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
女性にとって婚約指輪は特別なもので、小さい頃からの憧れや強いこだわりを持った方もいるのです。

あらかじめ、彼女が欲しがっている婚約指輪が「どこのブランドの何というリングか」をリサーチできれば良いのですが、
プロポーズ前に情報を手に入れることも、彼女が婚約指輪について詳しく検討していることも難しいこと。

渡す指輪のサイズも大きすぎたり小さすぎたりしてはいけません。

指輪を渡すタイミングも大事ですが、彼女の婚約指輪へのこだわりの様子も窺ってみると良いでしょう。

【まとめ】婚約指輪はいつ付けても良い!でも購入は計画的に!

いかがでしたか?

婚約指輪は夫婦円満の証としてあるものですから、
基本的にいつ付けても良いもので、細かい決まり事はありません。

せっかく買った婚約指輪ですから、なるべくたくさん付ける機会を作ってあげてくださいね。


一方で、いつ買うか、いつ渡すかといった面では、計画性が必要です。

女性の好みやサイズを把握して購入に当たるか、あるいは二人で購入するか、
いずれにしてもスケジュールをしっかりと考えて、準備を進めることが必要です。

ブライダルジュエリーショップの方は、納期を伝えれば最善を尽くしてくれますが、
万が一大切な日に「婚約指輪が間に合わない!」なんてことのないようにお気をつけください。

PAGE TOP